楽と好き

夫・幼い娘2人と暮らす40代主婦の日常。子育て絵日記中心です。

タンスの肥やし撲滅委員

 

長女(現在6歳)の服のサイズは去年は110cm、今年は120cmです。120cmは物によってはかなりブカブカです。

二女(4歳)は今年は110cm。二女用に新たに服を買うことはあまりないので、長女のおさがり率高めです。

f:id:rakugasuki:20211202180315p:plain

f:id:rakugasuki:20211202180331p:plain

f:id:rakugasuki:20211202175305p:plain

f:id:rakugasuki:20211202175322p:plain

f:id:rakugasuki:20211202175341p:plain

f:id:rakugasuki:20211202180422p:plain

結構頑固なんですけどね、二女。こんなおおらかなところもあります。

 

f:id:rakugasuki:20211202175613p:plain

発達・療育歴【二女】

二女の発達・療育歴

二女(年少・4歳)はこの夏から療育に通っています。

相談員さんが早急に動いて下さったのでスムーズに入所できました。

f:id:rakugasuki:20211119220243p:plain

ドクター相談は3ヶ月に1回受けるように(病院から)言われています。

相談したいことが無い時はただただ面倒です。前回と同じことを繰り返し話すしかないので。幸いにも相談時間は10分程です。

相談支援は半年に一度、相談員の方と二女についての困りごと・出来るようになってほしいことなどを話をして、本人にあった個別支援計画などを作成して頂きます。(この計画書作成、素人には難しすぎる。)

役所関係や受給者証などの手続きもこの相談員の方がして下さいました。ありがたい。

発達について

0歳は天使の様に穏やかな赤ちゃん。

1歳あたりから癇癪が激しくなってきましたが、発達のことで心配したことはありません。

2歳の頃も怒りんぼ。それに加えてあまりにも自分のペースにこだわる。癇癪が激しく頻度も長女に比べて多かったので、少し気になってきました。

一時期吃音も酷かったので心配したり。(自然に1週間でほぼ治りました。)

ただ『賢いなぁ』と思う様な場面も何度もあったんですよ。

それもあり2歳前半の頃は療育が必要だとは思っていませんでした。

3歳近くにあると『集団生活は厳しいかも』と【療育】の文字がチラっと頭をよぎりました。

でもイヤイヤ期の子って癇癪をおこすことなんて珍しくないし、なんとなく幼稚園では大丈夫な気がしたので、多少の不安はありつつも様子を見ることに。

f:id:rakugasuki:20211121191712p:plain

約3歳半で幼稚園に入園。ある日先生から呼び止められて少し話をしました。

rakutosuki.hatenablog.com

このこともあり、療育へ通うことに。

こちら時系列 ↓ 全部今年です。上の記事の補足あり。

f:id:rakugasuki:20211121153601p:plain

発達検査

市の発達センター(仮称)に申し込みました。

結果はいたって平均。ただ、検査中の離席が多い事、姿勢の保持が難しいことを指摘され、作業療法士による訓練をすすめられました。

作業療法士さんの訓練は既に定員がいっぱいだったので、空きが出たら連絡をくれるとのこと。まだ連絡はないです。

療育へ申し込み

1名分空きがあったのでそこに入れてもらうことにしました。

小児精神科を受診

相談員さんから【療育をうけるための書類を医師からもらってくるように】と指示がありました。

療育が必要という根拠を役所に提出する必要があるそうです。

こちらの病院、普段は初診受付を停止しているのですが、たまたま二女が療育に申し込んだ時期に初診の受付が再開したんです。

最後の一枠に滑り込み、受診。診断書をもらうことが出来ました。

言語訓練について

医師から『言語訓練も受けた方が良い』と言われました。

f:id:rakugasuki:20211121211023p:plain

そこで二女の通う療育では言語訓練もしているので、それに申し込もうとしたのですが空きがなく、集団療育だけ受けていました。

私は言語訓練の必要性は感じていなかったのでそれで構わなかったのです。

でも初診から3ヶ月後のドクター相談の日に『枠がなかったので言語訓練は受けていない』と伝えたところ、病院に併設する施設で言語訓練を受けることになりました。

園巡回

市の方と幼稚園で日程を合わせ、市の専門の方が二女の幼稚園での様子を観察して下さいました。

私はその時の様子を直接見ていないのですが、後日、先生が個人懇談の時間を作って下さり話を聞くことが出来ました。

なかでも『言葉があまり上手に使えてない』『表情がかたい』と言われたことが意外でした。やっぱり言葉にも難ありなんでしょうか。

ちなみに市の方と先生とで考えてくれた二女の年末までの目標は『自分で靴を履き替えて教室に行く』らしいです。

なんて可愛い目標✨

発達・療育歴【長女】

長女の発達・療育歴

1歳の時に発語がゆっくりで表情が乏しいと心配した義母(長女からみればおばあちゃん)の勧めで受診したところから長女の療育が始まります。

f:id:rakugasuki:20211103191352p:plain

0歳

f:id:rakugasuki:20211103214628p:plain

母親(私)と離れた時に不安がる素振りをすることは全くありませんでした。

他の人の抱っこだと泣き止まないけど、私の抱っこだと泣き止むとか経験してみたかったです。

1歳

受診

検診で引っ掛り、2歳0ヶ月でもう一度面談をすることになりました。

f:id:rakugasuki:20211104130601p:plain

1歳9ヶ月頃に病院を受診。この時に言語訓練を受けることが決まり、以降3歳半頃まで通うことになります。

あと、耳の検査を受けてくるようにと指示がありました。

絶対に長女の耳は聞こえていると思っていたので、結局行ったのは長女が2歳になってからです。

2歳 

発達検査 言語訓練 聴力検査

長女2歳0ヶ月の時に再面談。この時は二女が生後2か月ということを配慮して下さり、二女の赤ちゃん訪問で保健師さんが家に来られた時に長女の面談を実施。

生後2ヶ月の赤ちゃんを連れての外出は負担なので、家まで来てもらえることはありがたかったです。

この時の市の保健師さんの聞き取りや観察で『発達の凹凸があるかも』と言われました。

f:id:rakugasuki:20211103233645p:plain

2歳0ヶ月の頃に病院で受けた発達検査(新版K式)では、言語が1歳1ヶ月相当だったのが印象に残っています。

2歳代は月2回ほどの言語訓練に義母が付き添っていました。(私は家で二女の世話。たまにあるドクター相談だけは私が行っていました。)

そして、この頃に耳の検査(※)の為に遠くの総合病院へ。結果は正常。

※長女が眠っている間に検査をするということだったので、看護師さん(?)に渡された睡眠薬を飲ませたのに1時間45分くらい寝ませんでした。その後なんとか寝てくれたのでその日に耳の検査は出来ましたが、結果が出るのは後日だったので改めて出向くことになり、そこそこ煩わしかったです。

3歳

親子療育(集団)

3歳前半で言語訓練は卒業し、病院からのすすめ(と義母が言っていた)で集団療育に通うことにしました。

現在通っている所とは別に気になる療育施設があったのですが、問い合わせたところ満員の為、1年待ちだということで断念。

そこは自宅から近いし親子分離で預かってくれるので私としては助かるのに残念に思いました。

現在の療育は年少のクラスのみ親も一緒に参加します。

二女(当時1歳)も一緒につれて教室に入って良いと言ってもらえたので助かりました。

療育の度に二女を保育所に預けていたら破産するので、二女の入室が出来なかったとしたら他の所を探していたと思います。

f:id:rakugasuki:20211113094157p:plain

4歳

親子分離(集団療育)

2年制の公立幼稚園に入園し、療育は続行。幼稚園の先生から小学校の進路として普通級だけでなく特別支援学級も選択肢にいれておくことを勧められました。

4歳1ヶ月で病院で自閉スペクトラム症と診断。

5歳 

親子分離(集団療育) 個別療育 発達検査 小学校見学 園巡回 教育相談

療育は年長クラスに上がり続行。先生と一対一で文字の読み書きなどの学習をする個別療育を開始。

4月に発達検査(WISC-IV)を受けました。知的な遅れはなく特別な凹凸も見られず。

rakutosuki.hatenablog.com

6月に小学校の見学をしました。↓

rakutosuki.hatenablog.com

『WISCの結果だけ見ると通常級。でもなんか不安。』というわけで、特別支援学級に入級するかどうかを悩んでいました。

そこで療育の先生に園巡回(※1)を依頼し、幼稚園での長女の様子をみて頂きました。

8月には教育相談(就学前相談)(※2)があり、特別支援学級への入級を希望。

※1 園巡回について

・『普通級か特別支援学級か迷っているので、長女の幼稚園での様子を見てアドバイスが欲しい。』と、通所する児童発達支援センターに園巡回を申し込みました。(事前に幼稚園には許可を取っていました。)

・療育の先生が幼稚園と連絡を取り、7月初旬に幼稚園を訪問。

療育の先生は『低学年のうちは特別支援学級でも良いかな』とのことでした。

※2 教育相談(就学前相談)について

ここで『特別支援学級希望』の意思表示をしました。

・私たちの地域では、専門家に相談をして判断を仰ぎたいという人が受けるのではなく、『支援級に入りたい』と意思決定をしている人が対象。(幼稚園の先生に情報によるとそんな感じらしいです。市が公にそう謳っているわけではないけど。)

・幼稚園の担任の先生と私と長女の3人で受けました。

・申し込みは幼稚園を通じて。担任の先生が用意して下さった書類に必要事項を記入し、判を押して7月中旬に幼稚園へ提出。教育相談の日時は夏休みに入ってから決定するとのことでした。夏休みに入ってすぐ幼稚園の先生から電話が入り、日時と場所を知りました。相談時間は45分程度。

※長女の場合は小学校の見学と教育相談は幼稚園を通じて申し込みでしたが、公立の幼稚園なので市と連携しているのかもしれないです。私立幼稚園だと違うかもしれないけど、わかりません。

f:id:rakugasuki:20211104075019p:plain

まとめ

1~2歳は病院でドクター相談・発達検査、そこに併設する施設で言語訓練。

年少以降は今の療育に通っていて、病院に行ったのは4歳の診断の時と5歳の発達検査の時だけです。

年長の春~夏にかけては調べる事、考える事や迷う事、決断することが多かったです。

余談ですが、昨年度は長女の幼稚園でPTAのとある役に立候補し、決まりました。

その頃は二女がまだ未就園児でずっと一緒だったので、『早まったことをした。』と思っていたのですがなんとか遂行。

今年度は何も役には当たらなかったのですが、面倒な役は昨年度のうちにしていて良かったと思っています。

個人的に今年度の方が長女の進路関係、二女の療育開始・・と私生活ですることが多くて参りました。

rakutosuki.hatenablog.com

激しめの寸劇が可愛い

夏の終わり頃の話です。凍った保冷剤から丈夫な氷(?)を連想した模様。

f:id:rakugasuki:20211030144237p:plain

f:id:rakugasuki:20211030141028p:plain

f:id:rakugasuki:20211030141049p:plain

f:id:rakugasuki:20211030141127p:plain

f:id:rakugasuki:20211030141146p:plain

f:id:rakugasuki:20211030141217p:plain

5コマ目訳→『叩いたら割れちゃうぞ~割ったのかい?もう全然割れない。』

6コマ目は何言ってるか不明(*´ω`)

↓この時の寸劇も赤ちゃんぽさが残ってて可愛かった。

rakutosuki.hatenablog.com

直後にまさかの2回目

療育の先生から聞いた話を元に想像で描いています。(課題の内容はフェイク)

f:id:rakugasuki:20211021183131p:plain

f:id:rakugasuki:20211021183142p:plain

f:id:rakugasuki:20211021183239p:plain

f:id:rakugasuki:20211021183630p:plain

f:id:rakugasuki:20211021183206p:plain

f:id:rakugasuki:20211021183256p:plain

 

実際に先生がどういう言い回しをしたのかはわかりませんが、こんな感じのことがあったそうです。

「見た目が違う」も正しいっちゃ正しいですけど、もっと具体的な回答が欲しい(笑)

喜びがにじみ出てる

春くらいの話です。集団療育の先生から聞いた話を元に想像で描いています。【お当番さん】が人気らしいです。

名前は本名ではありません。

f:id:rakugasuki:20211009220706p:plain

f:id:rakugasuki:20211009220722p:plain

f:id:rakugasuki:20211009220737p:plain

f:id:rakugasuki:20211009220755p:plain

反対にお当番になれなかった日には悔しくて癇癪を起すこともあったそうですが、順番で回ってくることを先生に聞いて以来、怒りをこらえる様になったそうです。

今ではお当番さんになれなくて泣いている子がいたら、慰めたりしているそうな。『ひよりも前は悲しかった。でも大丈夫。順番だからそのうちお当番さんになれる。』と。

声の掛け方がなんか大人~。