楽と好き

夫・幼い娘2人と暮らす40代主婦の日常。子育て絵日記中心です。

みんな母乳が出てる【母乳ノイローゼ⑮】

はじめての方はこちら。

rakutosuki.hatenablog.com

前回。

rakutosuki.hatenablog.com

f:id:rakugasuki:20220403091947p:plain

f:id:rakugasuki:20220403091958p:plain

f:id:rakugasuki:20220403092007p:plain

f:id:rakugasuki:20220403092018p:plain

f:id:rakugasuki:20220403092027p:plain

f:id:rakugasuki:20220403092037p:plain

f:id:rakugasuki:20220403092048p:plain

f:id:rakugasuki:20220403092059p:plain

f:id:rakugasuki:20220403092111p:plain

f:id:rakugasuki:20220403092124p:plain
出産した産院は助産師外来を併設していました。

出産前におっぱいのケアの方法を教わったところです。

こちら↓

rakutosuki.hatenablog.com

 

生後1ヶ月健診の日に助産師外来に寄りました

 

家では授乳時の母乳量が分かりませんでした。

助産師外来には赤ちゃんが母乳を飲む前、飲んだ後の体重差までわかるベビースケールがあったので、母乳量を測ってもらおうと思ったのです。

 

それだけではなく、おっぱいマッサージをしてもらったり、我が家の赤ちゃんは生活リズムがすっかり昼夜逆転していた為、特に夜泣きが酷かったのでその相談に乗ってもらったりしました。

 

昼夜逆転問題には、『沐浴の時間を変えてみては・・?』とのことでした。

我が家の場合は残念ながら、変えてもたちまち昼夜逆転が治るということはありませんでしたが、お困りの方はお試しあれ。

 

助産師外来には私と同じようにおっぱいをあげている人は何人もいたのに、私以外におっぱいの後にミルクを赤ちゃんにあげている人がいませんでした。

この日だけたまたまだったと思いたい。

 

母乳育児に力を入れている産院だったので、ミルクをあげている人が少ないのは予想していたのですが、この日はひとりもいなかったので、『みんなか出来てることを私だけ出来ていない』ことが恥ずかしく思えてきて、惨めな気持ちになりました。

 

ただ、母乳が出なくて完全ミルクで赤ちゃんを育てている知人のことを思い出し、同時にその人のことを『惨めだ』と思ったことは一度もないことを思い出しました。

 

『母乳が出ない自分を卑下することは、他の母乳が出ない人のことを卑下することと同じ』だと自分の心に言い聞かせることで、当時母乳が出ていないことを思い詰めていた私自身も救われた気がします。

 

助産師外来には私の他にも赤ちゃん連れのお母さんたちが何人か来ていて、私もその後、赤ちゃんの健診が無い日にも何度か行きました。

 

母乳量を測ってもらおうと思って行ったのに、赤ちゃんに飲んでもらえなくてそのまま帰った日もあり、その日は赤ちゃんのおなかがすいていなかった様です。

 

『赤ちゃんのおなかがすいたタイミングで来るように。』とのことでしたが、ただでさえ日頃の育児で疲弊していて、赤ちゃん連れで外出することさえしんどくて仕方なかったので、時間の調整まですることが私にとっては至難の業でした。

 

続きます。

rakutosuki.hatenablog.com